抜け毛の悩み…僕が薄毛になった原因を反面教師に

20代から抜け毛や薄毛に悩んでいる30代後半男が、悩んできたことや、試してきた育毛シャンプー、育毛サプリなどのことを書いていきます。

薄毛になった原因は日光による日焼けのせいもあったのかも・・・

僕は高校から大学にかけてサーフィンをしてたんですが、

海水に濡れた状態の頭皮が、さらに日光を浴びてしまっていたと考えると、

髪にすごいダメージを与えていたと思います。


顔も体も日焼けして真っ黒だったんです。

ということは、もちろん頭皮も日焼けしていることになりますよね。


そして海から上がった後しっかり頭を洗わないまま

バスタオルで拭いただけの濡れた髪の毛でキャップをかぶりました。

海から家に帰るまでの数時間、ずっと頭皮が痛んでいたんでしょう。


サーフィンは、22歳で大学を卒業して就職するくらいで行く頻度がおちたのですが、

25歳位から薄毛になった原因は、頭皮の日焼けにもあったんだと思います。


もうひとつ、昔からの癖というか習慣で、風呂上がりにドライヤーをかけずに

タオルで髪を拭いただけで濡れたまま布団に入って寝ている時期がありました。

これも、薄毛の原因に直結しましたね絶対。


思い返すと、髪によくないことばかりしていることに気が付きます。

もしですが、同じようなことをしている人がいるのであれば、

いますぐにやめたほうがいいです!

薄毛になると、本当にネガティブな性格になり、

自分に自信が持てなくなっていきます。

他人からハゲをネタにされることが増えます。


当たり前のことですが、風呂に入ってシャンプーしたらしっかり大量のお湯で髪や頭皮をすすいで、風呂から上がったらドライヤーの、できれば冷風で乾かしてください。

サーファーの人は、めんどうかもしれないですが、海には多めのお湯を持っていって、海から上がったらしっかりと海水、潮水と砂利をお湯で落として、すぐにキャップをかぶるなどの行為はせず、できるだけ髪を乾かしながら自宅に帰って下さい。

薄毛が気になり始めたら、俺みたいにならず、頭皮環境に気を使ってくださいね。