抜け毛の悩み…僕が薄毛になった原因を反面教師に

20代から抜け毛や薄毛に悩んでいる30代後半男が、悩んできたことや、試してきた育毛シャンプー、育毛サプリなどのことを書いていきます。

とにかく薄毛ハゲにならないために帽子はかぶらないで(熱中症対策などは除く)

僕が薄毛になった最大の原因の一つに帽子をかぶりすぎたことがあります。

帽子が好きだったんです。

キャップからニット帽からハットからいろいろな種類の帽子をこれまでにかぶってきました。

記憶をさかのぼると、小学生くらいからかぶり続けてきています。

もともと、髪が細くて軽い天然パーマでねこっ毛だったので、それを隠すためにかぶっていたという記憶がありますが、今となっては帽子はかぶらなれればよかったと考えます。

もちろん、熱中症対策など体のためにかぶる帽子は例外です。

バイクに乗っているからヘルメットをかぶっているのも例外です。

しかし、薄毛の僕からしたら、将来的なハゲを気にしているのであれば、ヘルメットもなるべく被らない方がいいです。

バイクに乗るのも控えた方がいいかもしれません。

帽子をかぶると汗をかきやすくなります。

そして、帽子をかぶるとなかなか頭を拭くという動作をしなくなるので、汗をかくのに拭かないという状態が長く続きます。

帽子をかぶると髪型が変になって脱ぎたくなくなるんですよね。

汗で濡れたり汗が乾いたりした状態で帽子をかぶっているわけで、頭皮がずっと不潔な状態になります。

これが、髪によくないです。

帽子を多用している人に言いたいのは、将来ハゲたくなければ、なるべく帽子をかぶらないで、ということ。

僕は、帽子をかぶりすぎました。

それが、薄毛の原因になったことは、言うまでもありません。

薄毛を気にしている人は、非常時以外はできるだけ帽子をかぶらないようにしましょう。