抜け毛の悩み…僕が薄毛になった原因を反面教師に

20代から抜け毛や薄毛に悩んでいる30代後半男が、悩んできたことや、試してきた育毛シャンプー、育毛サプリなどのことを書いていきます。

ストレスと抜け毛は関係あるの!?

ストレスと抜け毛の関係はあるのか!?

僕は専門家ではないのですが、たいていは「ある」と書いてあります。

ここでは、僕の実体験に基づき、ストレスと抜け毛の関係を調べてみましょう。

 

僕は20代の後半から抜け毛と薄毛に悩まされてきていました。

いろいろな要因か重なって抜け毛が増えたと思いますが、そのひとつは、僕が「神経質で小さいことを気にするタイプ」だったことです。

この手の神経質な性格の人は、ストレスをかなり感じやすいと思います。

僕は常に人の顔を伺い、自分の発言を周りはどう思っているかとか、あの人あんな顔してたけど僕のこと嫌いなのかなとか、とにかく周りの評判や評価を気にするタイプの人間でした。

こういう性格って、本当に疲れるんですよね。

気疲れというやつです。

f:id:joypcs:20171116195315j:plain

あとあと聞いてみると、相手は全然そんなこと思ってなかったとか、逆に自分が嫌われているのかと思ってたとか、そんなことばかりです。

実際に、神経質、薄毛などと検索すると、たくさんの記事がヒットします。

やはり、ストレスと抜け毛の関連性はすごく高い様子です。

「脳はストレスを感じると交感神経が強く緊張して、血管が圧縮されてしまう」

こう書いてありました。

血管が圧縮されると、血流が悪くなります。

抜け毛予防に大切なのは、頭皮を清潔に保つことと、頭皮に血流を流すことです。

だから、頭皮が固いよりも柔らかい方がいいというわけです。

常に、頭皮に血流を流して栄養を送ることと、頭皮を不潔にしないことを考えながら生活することで、抜け毛は減っていくのだと思います。

ストレスというのは目に見えないもので、なかなかストレスを排除することは難しいのですが、僕の様に神経質にならず、おおらかな目で周りをみて、周りの目を極端に気にしすぎないことが抜け毛予防につながっていくのでしょう。

今回は「ストレスと抜け毛は関係あるの!?」という題材でお送りしました。

それでは、また次回に。