抜け毛の悩み…僕が薄毛になった原因を反面教師に

20代から抜け毛や薄毛に悩んでいる30代後半男が、悩んできたことや、試してきた育毛シャンプー、育毛サプリなどのことを書いていきます。

薄毛や抜け毛に困ったら自己啓発がおすすめ

僕は薄毛になってから引きこもりになったりいろいろと苦労してきたと思いますが、歴史上の偉人たちの名言や格言に救われたことがあります。

そこで、シェイクスピアを例にすると、以下のような名言があります。

 

「険しい丘に登るためには、最初にゆっくり歩くことが必要である。」


「成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない。」

 

これらはもちろん、薄毛に悩む人に向けた言葉ではありませんが、名言と言うのは受け取る側の解釈でいくらでも内容を読み取れるので、この名言を薄毛の悩みに置き換えて考えてみたいと思います。

f:id:joypcs:20171126173532j:plain

険しい丘は、薄毛の人であれば以前のような黒々とした髪の毛を取り戻すことで、そこに登るためには、最初にゆっくりと歩くことが必要、とあります。

焦って登り始めるのではなく、険しい丘だからこそ準備をしっかりしてはじめから飛ばさず、ゆっくりと始めることが必要と読み取れます。

抜け毛が増えてきて焦っているときには、自分と向き合って、なぜ抜け毛が増え始めているのかを冷静に見極めることが大事です。

私生活において、頭皮に悪い影響を与えている生活習慣はないかを知ったうえで、それを改善していくことが重要なのかもしれません。

 

次の名言、格言には、1回の敗北でやめてはいけない、とあります。

成し遂げんとした志というのは、ここでは薄毛の改善として考えて、たとえば1回育毛剤を使ってうまくいかなかったからといって、すぐにやめたら意味がないと解釈できます。

僕自身、たくさんの育毛剤や毛髪トニックを試してきました。

それらがあって今があると思っています。

一つの育毛剤を1週間くらい使って成果がでず、もうやーめた!と辞めてしまうひとも多いですが、使い続けることで変化が起きることもあります。

一度の失敗ですぐにダメだと判断しないで、継続することを視野に入れて薄毛対策や抜け毛対策をしていくことが重要なのかもしれませんね。

今回の格言は、薄毛だけでなく、仕事や私生活の中でも使えるものです。

覚えておくと何かに役立つかもしれませんよ。

それではまた次回に。